詳細証明書一般証明書特定証明書に家族関係登録簿記録事項証明書が分化しました

 本日、申請支援センターの土曜帰化申請相談会に空き時間が残っていたので、帰化申請の相談ではなかったのですが、祖父母の相続用の韓国戸籍(家族関係登録簿)の証明書翻訳のご依頼の相談の方をお受けしました。

 ご本人は既に幾つかの除籍謄本や基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書など家族関係登録簿諸証明書を取得されおられ、昨日取得してこられたばかりの証明書を受け取りました。

 ところが、基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書などを見ると、いつもとフォーマットが違うので、間違えて一部事項証明書でも取得されたのかと思ってよく見ると、「詳細」という表記がされています。

基本証明書の詳細証明書
家族関係登録簿証明書中、基本証明書の詳細証明書(画像は加工してあります)

 それでピンと来たのが、そういえば今年2016年5月29日付の法改正で「また、フォーマット変更しないといけないじゃん。」と色めき立ったものの大法院規則や例規が充足していなかったので助かったなあという記憶です。

 韓国のサイトを調べてみたら、案の定、11月30日に改正後の法整備をして、やっと新しい書式を発行できる準備が整ったようでした。

 でも、この年末のこの時期ですか。汗

 翻訳に取り掛かる前に、申請支援センターの翻訳フォーマットの全書式をやり変えないといけないので、頭が重いです。
 翻訳自体は大した事のないものなのですが(でも、追加の文章は、翻訳者の「日本語能力」が試される文章です)、こつこつ一枚ずつフォーマットを変更していく作業が大変なのです。
 今年は、領事館スタンプのルールや、スタンプがマイナーチェンジしたのでやり直したばかりなんですけれどもねぇ。
 また、血圧あがるなぁ。

新しいパソコンで韓国語翻訳をすると帰化申請がはかどらない

 年末、年明けと韓国語翻訳用のパソコンを新調しました。旧来のパソコンと併用して少しずつ新パソコンにシフトしようと思っています。
 しかし、帰化申請に必要な韓国の家族関係登録簿記録事項証明書やら除籍謄本やらの韓日翻訳に取り掛かって、大苦戦をしている最中です。

 なんと、一向に、帰化申請がはかどらない!

 理由は、変換の速度にあります。
 と申しましても、パソコン自体のスペックはこれまで使っている機種より向上しているくらいであり、作業員(私)のスペックもとくに正月明けから耄碌したわけでもありません。

 問題は、IMの辞書にあります。

 韓国南部の「済州市」の「済州」は「最終」とか「採集」などと変換されます。
 「済州特別自治道」などは、「採集と区別自治堂」などと、とんでもない事態になっています。

 韓国語翻訳の精度や速度が低下し、帰化申請や相続に影響を与えないように、新しいパソコンを愛を込めて調教してあげなければなりませんね。

 
関連記事:
新しいパソコンがなかなか帰化申請専用のパソコンにならない

参考リンク:
韓国語翻訳コム

提供:帰化申請の「ASC申請支援センター」

 

ハングルの日(韓国語の日)は2013年10月9日から祝日です

さきほど、「平成25年10月の韓国総領事館等の休務日(休館日)のお知らせ」という記事を書いていて、あれ?と疑問に思いました。

 「あれ?ハングルの日って、祝日でしたっけ?」と。 続きを読む

平成25年10月の韓国大使館・韓国総領事館休館日のご案内

駐大阪韓国総領事館や東京の駐日韓国大使館をはじめ、日本にある在外公館領事部の休務日(休館日)は、原則として、赴任先である日本のカレンダーに従い、スケジュールが決められていますが、日本の祝祭日に加えて、韓国独自の祝祭日についても休館日となります。

平成25年10月の大使館・領事館休館日が発表されていますので、下記にお知らせいたします。 続きを読む

韓国語翻訳証明書における署名捺印は誰がするべきか。2

 先ほど、欧米における翻訳証明書の署名・サインは、誰がすれば良いか、ということを書きました。
 きちんとした翻訳会社の代表者などの責任者の証明が求められることが多いということでした。

 一方で、日本国に対して翻訳を提出する際には、 続きを読む

韓国語翻訳情報をブログ形式で配信します

韓国語翻訳についての様々な情報を発信します

 
韓国語翻訳を提供しております韓国語戸籍翻訳コムでは、帰化申請や韓国人・朝鮮人の相続手続き、国際結婚の際などに必要となる韓国家族関係登録簿記録事項証明書の翻訳についての情報を 続きを読む