韓国戸籍翻訳.com

韓国語翻訳は帰化申請の専門家ASCへ|戸籍、除籍、家族関係登録簿記録事項証明書(基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書)の翻訳

特定商取引法に基づく表示

帰化申請のASC申請支援センター/拡大

ASC申請支援センターの表示事項

 この韓国戸籍翻訳コムは、帰化申請を専門に扱うASC申請支援センターが運営をしています。

 ASC申請支援センターは、大阪市中央区谷町2丁目に事務所を置く行政書士事務所です(大阪法務局本局北に3軒となり)。最寄駅は大阪市営地下鉄谷町線「天満橋駅」です。B号出口より、谷町筋に沿って南へ徒歩90秒程度です(大阪法務局の手前)。

 ASC申請支援センターでは、特定商取引法(法第11条)及び経済産業省令(規則第8条)に基づいて、下記の事項を表示いたします。

 帰化申請のご相談の際には、「安心して」、ご連絡ください。

 

特定商取引法(法第11条)及び経済産業省令(規則第8条)に基づく表示

 下記に重要事項を明示いたしますのでご確認下さい。

役務提供事業者の名称
規則8T@
申請支援センター
(日行連登録03261993号)
所在地
規則8T@
〒546-0012
大阪府大阪市中央区谷町2-1-22-702
電話番号
規則8T@
06-6949-5931
電子メールアドレス
規則8TH
office_yoshida@infoseek.jp
業務責任者の氏名
規則8TA
行政書士 吉田秀明
役務の対価(報酬額)
法11T@
法11T但書
規則8TF
 ウェブサイト上に表示のある場合は、その額(税込)。
 表示なき場合は、請求によりく見積りにより、報酬額を提示します。基本的に見積りは無料ですが、業務の内容により精査を要し見積り自体に費用が掛かる場合は事前に見積り費用を提示します。
 書類作成における送料も基本的に無料ですが、量や距離等により送料が掛かる場合も、事前に提示します。
役務の対価以外の金銭
規則8TC
 書類作成、申請に係る法定費用(印紙税等)は、当センターより別段の表示なき場合は、依頼者の実費負担となります。
 報酬の支払いが振込みの場合、お振り込み費用は依頼者にご負担いただきます。
申込の有効期限
規則8TB  
 別途お見積りを提出した際は、その日より30日間。
役務の対価の支払の時期
法11TA
 着手金前払い。
 報酬残額については、申請日または作成書類引渡日より7日以内にお支払い下さい。
役務の対価の支払の方法
法11TA
 現金または指定銀行口座へのお振込み。
役務の提供時期
法11TB
 着手金入金確認後、遅滞なく着手します。
 申請日及び作成書類引渡日については、業務の性質上、事前に決定できませんが、書類完成後、遅滞なく行います。
役務の提供条件
規則8TE
「ご依頼内容が違法」「許可の見込みがない」などの理由でお断りする場合があります。
解約に関する事項
法11TC
<着手前の解約>
 全額返却いたします。
<着手後、申請前または書類引渡前の解約>
 報酬残額の支払いは発生しませんが、着手金は返却できません。
<申請後または書類完成後の解約>
 一切できません。
 なお、申請が不許可の場合でも、ご入金いただいた報酬は返却できません。

<帰化申請における保障制度>
 帰化許可申請に限り、本申請受理後に不許可となった場合は報酬残額を全額返却いたします。この場合でも着手金はお返しいたしません。
 また、不許可理由が当センターに開示されなかった事実による場合や本申請受理後に発生した事実による場合などは、一切の報酬を返却できません。
その他
法11T但書
 その他、ご依頼者との信頼関係により誠実に業務を進めてまいります。
 また、特定商取引法に定めのある項目でこの表示により不明なことがらは、ご依頼者からの請求により書面または電磁的記録を遅滞なく提供いたします。

 

帰化申請のASC申請支援センター行政書士吉田秀明

その他のお問い合わせ

その他不明な点は、帰化相談会に参加してご相談下さい。

帰化申請のASC申請支援センター相談予約専用電話

 

 
このページのトップへ↑
帰化申請のASC 行政書士事務所申請支援センターについて | 特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合わせ | ©2002-2009 ASC申請支援センター(TM)