2017年の光復節で韓国総領事館韓国大使館は休館です

 韓国家族関係登録簿記録事項証明書(韓国戸籍)を取得に行く駐日本国大韓民国大使館や駐大阪韓国総領事館などの在日公館では基本的に赴任地である日本の休日カレンダーが適用されます。

 しかし、韓国の祝祭日の中でも重要なものは在外公館にも適用され韓国大使館や領事館も休館となります。

 そのひとつが光復節。

 戦時中の日本統治の時代からの解放を”光復”と捉えられるのは、日本人としては一抹の寂しさを禁じ得ませんが、お隣の台湾でも古い除籍謄本に光復の表現を見かけますから、韓国人や台湾人の方の心情の中に辛い時代だったという記憶があることは紛れも無いことなのでしょう。

 また、父母や祖母の話からすると戦争中は、日本人としても辛い時代だった事は間違いありません。
 つまり、太平洋戦争の時代は、日本人にとっても東アジアの人々にとっても辛い”闇”の時代だったのです。

 戦争という闇の時代からの復帰という意味では、日本にとっても光復と言って良いでしょう。
 日本からの解放でなく、戦争の時代からの解放。
 それが光復。

 毎年、終戦記念日を前に盆休み無しで帰化申請の仕事をしながら、そう考えて自分をなだめています。

2017年8月韓国大使館韓国総領事館休館日

8月11日(金) 山の日
8月15日(火) 光復節(韓国)

駐大阪韓国領事館2017年4月の窓口延長日

 駐大阪大韓民国総領事館では、月に1回程度、多忙で昼間に領事館に行く時間の取れない方の為に窓口時間の延長を行っておられます。(※注意:要予約)

 韓国人の相続手続きや帰化申請で韓国戸籍を取得するために領事館に行かれる方には、良い知らせですね。 続きを読む

韓国人の相続でも数次相続か代襲相続かで取寄せる除籍の範囲などが違ってきます

 申請支援センターでは、韓国語翻訳のみならず、韓国人の方の相続手続きに使用する家族関係登録簿(韓国戸籍)証明書や除籍謄本の取寄せも行っています。

 韓国家族関係登録簿証明書や韓国除籍謄本の翻訳 続きを読む

韓国総領事館は明日お休みですので相続や帰化の書類は交付されません

 昨日は朝にどうしても昨日中に投函したかった韓国人相続用の翻訳を仕上げてポストに入れ、帰化用の届書記載事項証明書の請求書を天王寺サービスカウンタに放り込んでから、駐大阪大韓民国総領事館へ週末にご依頼された韓国人の帰化申請者の方の家族関係登録簿証明書や除籍謄本を取り寄せに行ってきました。 続きを読む

駐大阪大韓民国総領事館平成29年3月の休館日

 韓国では3月は、三一節の祝日があります。
 三一独立運動の記念日で、日本国からの独立に関する祝祭日です。

 韓国戸籍翻訳や韓国の方の相続手続きの支援をする立場からは、韓国大使館や韓国領事館が休館日なので注意しなければなりません。
 自分で韓国家族関係登録簿記録事項証明書の取り寄せに行かれる場合には、 続きを読む

韓国除籍謄本が分断されているので翻訳でフォロー

 一昨日、帰化申請用の翻訳のご依頼をいただいた除籍謄本の中に、非常に変わった除籍謄本がありました。

 この除籍謄本はいわゆる韓国縦書戸籍というもので、電算中央管理所に縦書きの時代の戸籍の画像ファイルが保存され、表紙のページを付して交付されるものです。

 ところが、 続きを読む

韓国メディアが金正男氏が暗殺されたらしいというニュースを流しています

 韓国メディアの報道によると北朝鮮の金正男氏がマレーシアのクアラルンプールで殺害されたらしいという報道がされています。

 一部報道によると、2人の女スパイによって毒針で暗殺されたとの情報もありますが、平成29年2月14日21時頃の韓国の報道では、韓国政府としての公式コメントとしてはまだ「확인해줄 수 없다.」との見解であったようです。

 現地の報道は、Google等で「김정남 암살」で検索可能かと存じます。
 韓国語の堪能でない方でも、正確ではないですけれども機械翻訳などで韓国の記事を翻訳してご覧になられても、十分に状況の概要はつかめる事でしょう。

 いずれにしても、殺害が真実だとすれば、深く哀悼の意を表しますとともに、このことで世界の平和に不協和音が増す事のないよう、心から願う次第です。