韓国人の相続でも数次相続か代襲相続かで取寄せる除籍の範囲などが違ってきます

 申請支援センターでは、韓国語翻訳のみならず、韓国人の方の相続手続きに使用する家族関係登録簿(韓国戸籍)証明書や除籍謄本の取寄せも行っています。

 韓国家族関係登録簿証明書や韓国除籍謄本の翻訳 続きを読む

韓国総領事館は明日お休みですので相続や帰化の書類は交付されません

 昨日は朝にどうしても昨日中に投函したかった韓国人相続用の翻訳を仕上げてポストに入れ、帰化用の届書記載事項証明書の請求書を天王寺サービスカウンタに放り込んでから、駐大阪大韓民国総領事館へ週末にご依頼された韓国人の帰化申請者の方の家族関係登録簿証明書や除籍謄本を取り寄せに行ってきました。 続きを読む

韓国除籍謄本が分断されているので翻訳でフォロー

 一昨日、帰化申請用の翻訳のご依頼をいただいた除籍謄本の中に、非常に変わった除籍謄本がありました。

 この除籍謄本はいわゆる韓国縦書戸籍というもので、電算中央管理所に縦書きの時代の戸籍の画像ファイルが保存され、表紙のページを付して交付されるものです。

 ところが、 続きを読む

韓国メディアが金正男氏が暗殺されたらしいというニュースを流しています

 韓国メディアの報道によると北朝鮮の金正男氏がマレーシアのクアラルンプールで殺害されたらしいという報道がされています。

 一部報道によると、2人の女スパイによって毒針で暗殺されたとの情報もありますが、平成29年2月14日21時頃の韓国の報道では、韓国政府としての公式コメントとしてはまだ「확인해줄 수 없다.」との見解であったようです。

 現地の報道は、Google等で「김정남 암살」で検索可能かと存じます。
 韓国語の堪能でない方でも、正確ではないですけれども機械翻訳などで韓国の記事を翻訳してご覧になられても、十分に状況の概要はつかめる事でしょう。

 いずれにしても、殺害が真実だとすれば、深く哀悼の意を表しますとともに、このことで世界の平和に不協和音が増す事のないよう、心から願う次第です。

 

在日韓国人の方の相続の韓国戸籍翻訳

在日韓国人の相続手続きは被相続人の国籍による

 在日韓国人の方に関する相続は被相続人つまり亡くなられた方の国籍国の法律を根拠法として手続きを進めます。
 相続人である子供が日本に帰化をしていても、亡くなられた方が韓国籍なら相続において韓国の家族法の適用を受けるのです。

 相続においては、 続きを読む

在日韓国人相続の取寄翻訳では日本民法との違いに注意

 在日韓国人の方が亡くなられ、深い哀しみの中、残された相続人の方が相続手続きのための韓国戸籍(家族関係登録簿証明書や除籍謄本)を集めて翻訳をして提出をして行く上で注意しなければならないことがあります。

 それは、たとえ日本で暮らしておられても、普段からテレビ番組や書籍記事などで紹介される法律知識においてよく目にされる日本の相続法(民法の規定)ではなく、韓国の相続法が適用されるということです。

 日本の相続法ではなく韓国の相続法が適用される事で変わってくることには大きく分けて2つあります。
 ひとつは、相続人の範囲の違いであり、もうひとつは、相続分(相続財産の分配)の違いです。

 日本の民法から考えると、相続人となれたはずの人が相続人になれなかったり、予定していない人が相続人としてあらわれることもあります。
 また、日韓の相続分の違いから、思っていたより少ない財産しか受けとる事ができなかった、という結果になることもあるのです。

 相続分や相続範囲については、また、このブログ等で触れる事もあるでしょう。

 ASC申請支援センターでは、在日韓国人の方が被相続人となる相続手続きにおいて、韓国相続法に基づいて、必要な家族関係登録簿記録事項証明書や除籍謄本の取り寄せを行い、かつ、提出する日本の法務局等が正しく手続きを進めるための日本の法律上の正確な法律用語を使って韓日翻訳を行います。

 相続手続きや帰化申請に使用する場合などまとめてご依頼になられる場合には、ASC申請支援センターでは、韓国の家族関係登録簿証明書が500円からうけたまわっております。

 次のリンクから、ご依頼のお電話をいただければ幸いです。

>> 相続・帰化申請用の韓国戸籍(家族関係登録簿証明書)の韓国語翻訳(韓日翻訳)が1枚、500円から!