韓国人の相続でも数次相続か代襲相続かで取寄せる除籍の範囲などが違ってきます

 申請支援センターでは、韓国語翻訳のみならず、韓国人の方の相続手続きに使用する家族関係登録簿(韓国戸籍)証明書や除籍謄本の取寄せも行っています。

 韓国家族関係登録簿証明書や韓国除籍謄本の翻訳 続きを読む

韓国総領事館は明日お休みですので相続や帰化の書類は交付されません

 昨日は朝にどうしても昨日中に投函したかった韓国人相続用の翻訳を仕上げてポストに入れ、帰化用の届書記載事項証明書の請求書を天王寺サービスカウンタに放り込んでから、駐大阪大韓民国総領事館へ週末にご依頼された韓国人の帰化申請者の方の家族関係登録簿証明書や除籍謄本を取り寄せに行ってきました。 続きを読む

在日韓国人の方の相続の韓国戸籍翻訳

在日韓国人の相続手続きは被相続人の国籍による

 在日韓国人の方に関する相続は被相続人つまり亡くなられた方の国籍国の法律を根拠法として手続きを進めます。
 相続人である子供が日本に帰化をしていても、亡くなられた方が韓国籍なら相続において韓国の家族法の適用を受けるのです。

 相続においては、 続きを読む

韓国戸籍を遡ると母の生年月日が違っていた

 韓国戸籍の変遷の中で遺漏や誤記というのは日常茶飯事にありますので、翻訳作業に入る前に注意しておかなければなりません。
 今も 続きを読む

基本証明書など韓国戸籍証明書の領事館手数料が値下げか?

 平成27年1月1日から韓国大使館や駐大阪韓国総領事館などの手数料が改訂されます。
 前にもお知らせしたとおり韓国大使館や駐大阪韓国総領事館の平成27年度仕事始めは平成27年1月5日(月)なので、日本での実質的な改訂は1月5日です。

 今回の改定は、為替レートの変動(ウォン高円安)によるものですから、 続きを読む

韓国の縦書除籍で当時の面長の就任期間を懸命に探す

 韓国語翻訳者魂があると、つい労力が掛かってしまうという話です。

 今日翻訳していた韓国の縦書除籍で檀紀4260年に受付された婚姻事項が、その戸籍内で訂正の取り消し線が引かれ一部読めなくなっていました。

 どうせ、訂正されている前の文章なので 続きを読む

古い韓国語戸籍・韓国語除籍で檀紀表示されている事の功罪

 韓国語で書かれた戸籍・除籍謄本で、古い縦書戸籍においては、年月日の表示が檀紀表示されている事がほとんどです。

 申請支援センターの翻訳サービスにおいては、帰化申請などを申請する法務局などの提出先で、審査する方がわかりやすいように、 続きを読む

申請支援センターの韓国語翻訳は日韓韓日両方

 ASC申請支援センターでは韓日日韓双方の韓国語翻訳を取り扱っております。
翻訳会社の中には、韓日翻訳だけとか、日韓翻訳だけを扱う会社・業者も多いのですが、ASC申請支援センターでは日韓韓日翻訳の双方を取り扱っています。 続きを読む

韓国除籍謄本の附票の韓国語翻訳で気付いたこと

 さきほど韓国除籍謄本の附票の翻訳をしていて、ふと気づいたことがあります。
 除籍謄本と申しましても、電算化除籍謄本でも手書横書除籍謄本ではなく、韓国の電算情報中央管理所に保管されている縦書除籍謄本(手書き)の韓日翻訳においてです。 続きを読む