韓国除籍謄本が分断されているので翻訳でフォロー

 一昨日、帰化申請用の翻訳のご依頼をいただいた除籍謄本の中に、非常に変わった除籍謄本がありました。

 この除籍謄本はいわゆる韓国縦書戸籍というもので、電算中央管理所に縦書きの時代の戸籍の画像ファイルが保存され、表紙のページを付して交付されるものです。

 ところが、 続きを読む

詳細証明書一般証明書特定証明書に家族関係登録簿記録事項証明書が分化しました

 本日、申請支援センターの土曜帰化申請相談会に空き時間が残っていたので、帰化申請の相談ではなかったのですが、祖父母の相続用の韓国戸籍(家族関係登録簿)の証明書翻訳のご依頼の相談の方をお受けしました。

 ご本人は既に幾つかの除籍謄本や基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書など家族関係登録簿諸証明書を取得されおられ、昨日取得してこられたばかりの証明書を受け取りました。

 ところが、基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書などを見ると、いつもとフォーマットが違うので、間違えて一部事項証明書でも取得されたのかと思ってよく見ると、「詳細」という表記がされています。

基本証明書の詳細証明書
家族関係登録簿証明書中、基本証明書の詳細証明書(画像は加工してあります)

 それでピンと来たのが、そういえば今年2016年5月29日付の法改正で「また、フォーマット変更しないといけないじゃん。」と色めき立ったものの大法院規則や例規が充足していなかったので助かったなあという記憶です。

 韓国のサイトを調べてみたら、案の定、11月30日に改正後の法整備をして、やっと新しい書式を発行できる準備が整ったようでした。

 でも、この年末のこの時期ですか。汗

 翻訳に取り掛かる前に、申請支援センターの翻訳フォーマットの全書式をやり変えないといけないので、頭が重いです。
 翻訳自体は大した事のないものなのですが(でも、追加の文章は、翻訳者の「日本語能力」が試される文章です)、こつこつ一枚ずつフォーマットを変更していく作業が大変なのです。
 今年は、領事館スタンプのルールや、スタンプがマイナーチェンジしたのでやり直したばかりなんですけれどもねぇ。
 また、血圧あがるなぁ。

韓国除籍翻訳時には登録基準地の変更に注意

 韓国では道路名住所法施行後に登録基準地(本籍地)の多くが道路名住所に合わせて里洞表示から道路名標示に変更されましたが、除籍謄本の取り寄せや翻訳の際にはほんの少し注意しておかなければなりません。

 というのも、 続きを読む

韓国の縦書除籍で当時の面長の就任期間を懸命に探す

 韓国語翻訳者魂があると、つい労力が掛かってしまうという話です。

 今日翻訳していた韓国の縦書除籍で檀紀4260年に受付された婚姻事項が、その戸籍内で訂正の取り消し線が引かれ一部読めなくなっていました。

 どうせ、訂正されている前の文章なので 続きを読む

申請支援センターの韓国語翻訳は日韓韓日両方

 ASC申請支援センターでは韓日日韓双方の韓国語翻訳を取り扱っております。
翻訳会社の中には、韓日翻訳だけとか、日韓翻訳だけを扱う会社・業者も多いのですが、ASC申請支援センターでは日韓韓日翻訳の双方を取り扱っています。 続きを読む

道路名住所の異様な公式韓国語翻訳その2/街(가)とキル(길)

道路名住所の異様な公式韓国語翻訳その1/街(가)とキル(길) より続く

 では、私たち日本にある翻訳会社も韓国国内の表示板での道路名住所の取り扱いに準じて、「明洞8ge街」と韓国語から翻訳することで一件落着、といけばよいのですが、そうはいきません。 続きを読む

道路名住所の異様な公式韓国語翻訳その1/街(가)とキル(길)

 本年(2014年1月1日)より完全実施となった韓国の道路名住所ですが、韓国国内の表示板等で非常に面白い現象が起きています。

 韓国の道路名住所表示板(日本でいうところの街区表示板)の中には、韓国語(ハングル文字)だけでなく 続きを読む

新しいパソコンで韓国語翻訳をすると帰化申請がはかどらない

 年末、年明けと韓国語翻訳用のパソコンを新調しました。旧来のパソコンと併用して少しずつ新パソコンにシフトしようと思っています。
 しかし、帰化申請に必要な韓国の家族関係登録簿記録事項証明書やら除籍謄本やらの韓日翻訳に取り掛かって、大苦戦をしている最中です。

 なんと、一向に、帰化申請がはかどらない!

 理由は、変換の速度にあります。
 と申しましても、パソコン自体のスペックはこれまで使っている機種より向上しているくらいであり、作業員(私)のスペックもとくに正月明けから耄碌したわけでもありません。

 問題は、IMの辞書にあります。

 韓国南部の「済州市」の「済州」は「最終」とか「採集」などと変換されます。
 「済州特別自治道」などは、「採集と区別自治堂」などと、とんでもない事態になっています。

 韓国語翻訳の精度や速度が低下し、帰化申請や相続に影響を与えないように、新しいパソコンを愛を込めて調教してあげなければなりませんね。

 
関連記事:
新しいパソコンがなかなか帰化申請専用のパソコンにならない

参考リンク:
韓国語翻訳コム

提供:帰化申請の「ASC申請支援センター」