韓国除籍謄本が分断されているので翻訳でフォロー

 一昨日、帰化申請用の翻訳のご依頼をいただいた除籍謄本の中に、非常に変わった除籍謄本がありました。

 この除籍謄本はいわゆる韓国縦書戸籍というもので、電算中央管理所に縦書きの時代の戸籍の画像ファイルが保存され、表紙のページを付して交付されるものです。

 ところが、 続きを読む

古い韓国語戸籍・韓国語除籍で檀紀表示されている事の功罪

 韓国語で書かれた戸籍・除籍謄本で、古い縦書戸籍においては、年月日の表示が檀紀表示されている事がほとんどです。

 申請支援センターの翻訳サービスにおいては、帰化申請などを申請する法務局などの提出先で、審査する方がわかりやすいように、 続きを読む

在日韓国人の方の相続翻訳(家族関係登録簿・除籍)

 ASC申請支援センターでは、在日韓国人の方の相続手続きにおいての、韓国語翻訳(韓日翻訳)や、さまざまな家族関係登録簿記録事項証明書や除籍謄本などの取り寄せを行っています。

 また、相続の手続きの中で、韓国領事館を通じての被相続人の方の死亡申告や 続きを読む

韓国除籍謄本の附票の韓国語翻訳で気付いたこと

 さきほど韓国除籍謄本の附票の翻訳をしていて、ふと気づいたことがあります。
 除籍謄本と申しましても、電算化除籍謄本でも手書横書除籍謄本ではなく、韓国の電算情報中央管理所に保管されている縦書除籍謄本(手書き)の韓日翻訳においてです。 続きを読む

新しいパソコンで韓国語翻訳をすると帰化申請がはかどらない

 年末、年明けと韓国語翻訳用のパソコンを新調しました。旧来のパソコンと併用して少しずつ新パソコンにシフトしようと思っています。
 しかし、帰化申請に必要な韓国の家族関係登録簿記録事項証明書やら除籍謄本やらの韓日翻訳に取り掛かって、大苦戦をしている最中です。

 なんと、一向に、帰化申請がはかどらない!

 理由は、変換の速度にあります。
 と申しましても、パソコン自体のスペックはこれまで使っている機種より向上しているくらいであり、作業員(私)のスペックもとくに正月明けから耄碌したわけでもありません。

 問題は、IMの辞書にあります。

 韓国南部の「済州市」の「済州」は「最終」とか「採集」などと変換されます。
 「済州特別自治道」などは、「採集と区別自治堂」などと、とんでもない事態になっています。

 韓国語翻訳の精度や速度が低下し、帰化申請や相続に影響を与えないように、新しいパソコンを愛を込めて調教してあげなければなりませんね。

 
関連記事:
新しいパソコンがなかなか帰化申請専用のパソコンにならない

参考リンク:
韓国語翻訳コム

提供:帰化申請の「ASC申請支援センター」

 

韓国戸籍において就籍申請は慎重にしなければならない

 今日は、愛媛県の行政書士の先生が、韓国語除籍謄本等の翻訳をご依頼に飛び込みで来所されました。
 韓国人の被相続人の相続調査で、大阪難波にある駐大阪韓国総領事館にわざわざ愛媛県から戸籍の取寄せにお越しになられ、その帰りに翻訳のご依頼にお越しいただいたのでした。 続きを読む

韓国語の基本証明書の記載事項

 韓国の家族関係の登録等に関する法律第15条第1項第2号によれば、韓国基本証明書に記載される事項としては、本人の登録基準地と姓名と性別と本(本貫)と出生年により本人特定をし、その者についての、出生・死亡・国籍喪失・取得・回復等を記載することになっています。

 それだけを見れば、どうってことのない内容ですし、 続きを読む

韓国語に関わらず翻訳は割の合わない仕事かもしれません

 韓国語の翻訳に携わっていて、たまに感じる、と申しますか、たまにため息が出ることがあります。

 韓国語に関わらず、どの言語の翻訳においても言えることでしょうけれど、翻訳というのは原文の文章のみだけで行なうことができない場合が非常に多いことです。

 韓国戸籍の翻訳ひとつとっても、 続きを読む

韓国での除籍謄本とは

韓国には厳密に申しますと現在、「戸籍謄本」という書類は存在しません。
戸籍制度自体が平成20年、2008年1月1日を持って韓国において廃止され、もともと戸籍簿と呼ばれていたものは全て除籍簿となったからです。ですから、その謄本は全て「除籍謄本」です。

 本来、日本においては除籍謄本、というと、 続きを読む